保護者失格。一線を越えた夜 あらすじ 第1話 叔父と姪、ふたり暮らし

保護者失格。一線を越えた夜を無料立ち読み!コミなびで

保護者失格。一線を越えた夜を無料立ち読みする方法ご紹介します。コミなびで簡単に無料立ち読みできるんです。

第1話 叔父と姪、ふたり暮らし

ちづるは8歳の時に両親を事故でなくし、叔父さんに引き取られてそれから叔父さんとふたり暮らしをしていた。それから12年が経ちちづるは20歳に。

ある日の夜。叔父さんがいつものように帰ってきたが会社の同僚と一緒だった。
ちづるはリビングにこの会社の同僚を案内して、ビールを出して話をしていた。この叔父さんの同僚はちづるが叔父さんとふたり暮らしをし始めた頃のことを知っていたようでこの当時の話になった。

叔父さんの会社の同僚はちづるに酒をすすめるが、ちづるはお酒を飲んだことがなかったのでとりあえずは断りました。だがこの時に叔父さんの会社の同僚が「本当の親子みたいだった」といった途端ムキになり叔父さんの会社の同僚のビールを奪い取って一気に飲み干してしまいます。

お酒を飲んだことがないちづるは当然すぐに潰れてしまいます。そして、大好きな叔父さんに介抱されたのでありました。


【パソコンでご覧の方へ】 無料試し読みはスマホ・iPhoneのみになりますので下記QRコードを読み込んでアクセスしてください。

メニュー